柑橘類による育毛効果 〜 育毛について。

main_top_over_navi
main_top

柑橘類による育毛効果


薄毛の方のために、現在ではいろいろな種類の育毛剤が販売されています。しかし中には刺激の強いものもあるようです。育毛を考えたら、肌に優しいものを選びたいですね。最近では天然素材のものに人気があるようです。天然素材の育毛剤には、昔から育毛や薄毛にいいとされてきたセンブリやニンジンなどのグリチルリチン酸、またはミカン、イヨカン、甘夏柑などの果皮エキスが配合されているようです。保湿性を高めた製品が人気となっているそうです。女性は、男性に比べると頭皮が弱いと言われていますから、女性にとっても安心ですね。

柑橘類の皮は、古代から育毛や薄毛に効果があると言われていました。柑橘類の皮に含まれる成分に育毛効果があることが科学的に証明されています。かんきつ類の皮には、発毛に重要とされる毛乳頭細胞を増殖・促進させるための数種類のアミノ酸ペプチドが含まれているのです。

育毛には、亜鉛と柑橘系の関係もとても重要です。髪の毛はたんぱく質でできていますが、成分はケラチンです。しかし、ケラチンは亜鉛がないとたんぱく質として合成することができないのです。その結果、抜け毛が増え、発毛に障害が起こるなどの髪のトラブルが発生します。亜鉛は髪だけでなく、たんぱく質を骨や筋肉、臓器の組織にかかわる必要不可欠な栄養素です。そして、その亜鉛を効率よく吸収するために必要と言われているのが、ビタミンCとクエン酸なのです。早い話、レモンなどのかんきつ類を亜鉛の多く含まれる食品にかけるなどして食べれば、吸収率が高くなるわけです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 育毛について。 All Rights Reserved.

FXとは