被り物は育毛に悪い? 〜 育毛について。

main_top_over_navi
main_top

被り物は育毛に悪い?


帽子などの被り物を長時間していると、育毛に悪影響を及ぼし、はげやすいといわれますが、本当なのでしょうか?結論から言えば、残念ながら本当といえます。長い時間、帽子やヘルメットを着用している人は、頭皮を長時間圧迫して、毛根に充分な血流を妨げるため、結果毛根のトラブルも多くなるのです。

被り物をかぶるというのは、お仕事でそうせざるを得ないという方も多いことでしょう。しかしなるべく長時間の被り物は避けたほうがよいでしょう。頭皮の中でも、特に天頂部付近にある細胞の毛細血管は、わずかたった10ミクロンと非常に細い血管です。それほど細い血管ですから、ほんのわずかな重量物に圧迫されただけでも、とても簡単に血流が阻害されてしまいます。それに、帽子やヘルメットは、お分かりのように頭皮を蒸らしてしまいます。雑菌が毛穴に入り込みやすく、すぐに増殖できる環境になってしまいます。その上、先程の血流の阻害と合わせて考えると、育毛のための代謝がひどく低下してしまいます。

被り物による頭皮のトラブルを避けるためには、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。帽子やヘルメットを被ったあと、すぐに髪に悪影響が出るかというと、それほどの即効性はありません。ですからあまり神経質になりすぎるのもいけません。しかし被り物を継続していると、日々、徐々に血流が阻害されて、廃用性萎縮が原因で脱毛に繋がりやすくなります。

では、冬の寒い時期や夏の直射日光を避ける目的で帽子をかぶるという場合は、どのような点に注意したらよいのでしょうか。それは、できるだけ浅く軽くかぶるということです。適度に通気性のあるものが好ましいので、帽子を選ぶときにはその点を考えて選びましょう。また、お仕事中でもし外せる時間があればはずすようにし、できる限り頭への圧迫を開放する事も大切です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 育毛について。 All Rights Reserved.

FXとは