若いころからの薄毛 〜 育毛について。

main_top_over_navi
main_top

若いころからの薄毛


薄毛になったとき、どのような病気かを考えるのも大切です。人は60歳を超えると、男女問わず髪の毛を含む体毛が薄くなりますが、これは老人性脱毛症と呼ばれるものです。老化現象の一種と言えます。老年性脱毛症は、頭部全体に渡り毛髪が減少します。進行には個人差がありますが、同時に男性型脱毛症を併発することも多々あります。主に、40?50代になると、いわゆるハゲになってしまうことがあります。

壮年性脱毛症というものもあります。これは、若年性脱毛症とも呼ばれます。男性の大半は、年齢と共に多少なりとも毛量が減少していきます。主に前頭部や後頭部に薄毛が現れますが、これは正常な生理的現象でもあります。男性型脱毛症とも呼ばれていますが、これは年を経るにつれ現れる自然な症状です。薄毛で悩むこともありますが、悩みは生理的現象や老化現象の初期段階なので、気にする必要はありません。しかし、当事者にとっては悩みの種ですね。

男性型脱毛症が始まる年齢はいくつぐらいからでしょうか。それは、人によってまちまちです。生活習慣にも大きく影響されると言われています。早ければ、10代の後半から始まる人もいます。20代までに始まる男性型脱毛症を、壮年性脱毛症とも呼んで区別することがあります。いわゆるこれが「若ハゲ」です。若い若くないというのは個人の主観だという現代。自分の薄毛が他人の目にどのように写るのか?不愉快だったらどうしよう、という心配が出てきたら、それは年齢に関係なく「若ハゲ」なのかもしれません。その心配が育毛、発毛に努力するきっかけにもなるわけです


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 育毛について。 All Rights Reserved.

FXとは