血行不良は育毛の大敵 〜 育毛について。

main_top_over_navi
main_top

血行不良は育毛の大敵


血行不良は、育毛の大敵です。薄毛の原因で大きいのは、男性ホルモンに対する感受性が育毛を妨げることであると知られていますが、次に挙げられるのがストレスや血行不良です。髪の成長とは、とても早いスピードで細胞分裂をする毛母細胞が主体です。そこへの栄養供給は常に血液が行っていますから、血行不良は育毛の大敵であるといえます。

髪の根元や毛根の周囲は、細かい網の目に似た毛細血管がぎっしりとあります。その場所では、毛根をつくるために日夜休まず激しい細胞分裂が繰り返されています。その細胞分裂を助けるためには、血液からアミノ酸を始めとする大量の栄養を休まずに送り込まむことが必要です。ですから、何かの理由で体内の血行が悪くなった場合、育毛にも良くない影響が出てくるのです。

髪の毛をつくる毛母細胞は、どれほどさかんに細胞分裂をしているのでしょうか。みなさんは想像がつかないでしょう。例としてあげられるのは、がんの治療です。がん患者に
抗がん剤を投与すると、髪が抜けると言うのはよく知られています。では、なぜ髪が抜け落ちてしまうのでしょうか。がん細胞は、私たちの想像を超えるほどの異常な速さで細胞分裂をするという性質を持っています。
抗がん剤は、早く細胞分裂をしている細胞だけを攻撃するようなメカニズムでつくられています。しかし、人の体内には、がん細胞と同じくらい速いスピードで細胞分裂をしている正常な細胞があるのです。それが、毛母細胞です。ですから、毛母細胞は良い細胞にもかかわらず、抗がん剤の攻撃対象になってしまうため、髪が抜け落ちてしまうのです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 育毛について。 All Rights Reserved.

FXとは