タバコは育毛の敵 〜 育毛について。

main_top_over_navi
main_top

タバコは育毛の敵


タバコは髪に悪影響だと言われてます。しかし、具体的にはどのような悪影響があるのでしょうか。その
最も大きな害は、ニコチンの作用により毛細血管の萎縮が起こることです。

タバコを吸うと、ニコチンが体に取り込まれ、その作用によって毛細血管が収縮をします。体全体の血流が悪くなり皮膚の温度も低下させるのです。心臓から上にある器官の中で、頭皮は最も重力の影響を受けやすいと言われます。ただでさえ血流が悪くなりやすい頭皮なのに、喫煙により数分で1℃?3℃も頭皮表面の温度は低下しまいます。そうなると、毛細血管の萎縮の程度はものすごいものになると誰でも予想がつきますよね。毛根への血流量が減ると、毛根は血液から充分な栄養を届けられなくなってしまいます。

タバコの煙にも、大量の一酸化炭素が含まれています。喫煙しなくても煙を周囲の人が吸うだけで害があると言われますね。血液中のヘモグロビンは、酸素を運ぶという役割がありますが、そのヘモグロビンにタバコの一酸化炭素ががっちりと結合するため、人間の細胞は慢性的に酸素不足に陥ります。そして、毛母細胞の代謝が落ちて、毛根の肥育も十分にできなくなってしまいます。

タバコは、また、悪玉コレステロールという物質を酸化コレステロールに変化させます。この変化した酸化コレステロールは、なんと血管の内腔に付着して、血管を詰まりやすくするのです。慢性的な血行不良から血管の老化に繋がり、さらには動脈硬化の原因にもなってしまいます。一度体内に取り込まれたニコチンは、2時間程度で消失します。1日数本の喫煙であれば、それほどニコチンによる弊害は残らないのですが、それでもやはり肺胞に付着して蓄積したタールは、酸素交換力を低下させてしまうそうです。一方、育毛にはストレスはよくありませんから、一時的なリラックス効果を得たいというなら、本の少しのタバコが精神的によい効果をもたらすこともあります。とはいえ、気分転換に一服よりも、他の方法でリラックスすることをおすすめしたいものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 育毛について。 All Rights Reserved.

FXとは